脂肪溶解注射(メソセラピー)-地域別

二子玉川で脂肪溶解注射(顔、二の腕、お腹)を扱っている美容外科クリニック

手軽にできるプチ整形の手段となっているのが脂肪溶解注射です。エラなどを取るためのボットックス注射と並んでメジャーな存在になっていて、デメリットの少なさや価格の安さから人気になっています。

特に魅力になっているのが顔の腫れがほとんど無く、腫れても引く速度が速い点です。ダウンタイムと呼ばれる元に戻るまでの時間が身近く、仕事などが忙しい人でも施術を受けやすいのです。

そこで、二子玉川の美容外科クリニック、二子玉川でうけられる脂肪溶解注射について紹介していきます。

ただし、安全性が高いといっても注意点もあります。しっかりと確認しておいた方がトラブルを避けることができるため、基礎的な情報は覚えて置いて損がないのです。

二子玉川のおすすめ脂肪溶解注射(BNLS)クリニック

湘南美容クリニック
湘南美容クリニック
種類 本数 料金
MITI 1本(5cc) 21,800円(税込)
BNLS 1本(1cc) 2,980円
BNLS neo 1本(1cc) 3,780円(税込)
▼二子玉川院

     

住所 東京都世田谷区玉川3-11-7 T’s SQUARE 2階
アクセス
            

  • 東急田園都市線 二子玉川駅 徒歩3分
  •         

営業時間 AM10:00~PM7:00 予約制
定休日 木曜
予約 >>公式サイトはこちら<<

詳細ページ公式ページ

脂肪溶解注射(BNLS)の特徴

BNSLは脂肪溶解注射の一種で、主に小顔のプチ整形に使われます。脂肪を分解する注射をうって小顔が目指せるのが特徴で、頬やあご下など様々な場所に使うことができます。

注射は1本当たりの価格が設定されているケースが多く、場所によってどの程度注射を打った方が良いかが代わってきます。

分解した後の脂肪が排出されるまでには若干の時間差があるため、複数回注射を受けて初めて効果を感じられるのが一般的といわれています。

腫れにくく、回復が早いため日帰りのプチ整形に使えるのがポイントで、施術時間自体も短いのが魅力です。本格的な顔の整形に不安を持つ人に支持されています。

脂肪溶解注射(BNLS)のメリット

  • 日帰りでプチ整形が可能
  • 顔が腫れるなどの副作用の恐れが少ない
  • 使える場所が多く自分で選びやすい
  • 施術時間自体も短い

脂肪溶解注射(BNLS)のデメリット

  • エラ対策は別の注射が必要になる
  • 腫れにくい分複数回の利用が前提になる
  • 広い範囲の脂肪をとりたい場合は本数も必要

まとめ

脂肪溶解注射は体だけでなく顔に使うこともできます。プチ整形の手段として人気になっていて、体や時間の負担も小さいのが魅力です。一回あたりの施術料もそれほど高くないことも「プチ整形」といわれる理由の一つになっています。

ただし、副作用が少ないものは効果の出方も緩やかで、複数回施術が必要など注意も必要です。

数回のセットで効果を感じられることが多いため、医師と相談しつつ何度か通うことがおすすめになります。範囲が広ければ費用も高くなるため、事前の相談も大切です。

二子玉川以外の脂肪溶解注射(顔、二の腕、お腹)を扱っている美容外科クリニック【市区町村別】

千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/青梅市/府中市/昭島市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市/東村山市/国分寺市/国立市/福生市/狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市/武蔵村山市/多摩市/稲城市/羽村市/あきる野市/西東京市/瑞穂町/日の出町/檜原村/奥多摩町/大島町/利島村/新島村/神津島村/三宅村/御蔵島村/八丈町/青ヶ島村/小笠原村