脂肪溶解注射の基本情報

脂肪溶解注射をする時の準備

場合によっては注射一本の打つだけで施術が終わるという、お手軽脂肪除去方法である「脂肪溶解注射」。
最近登場したばかりで施術の内容も含めてよく分からない方も多いと思います。

そんな方のために脂肪溶解注射を行うまえにやっておくべき準備について解説します。

リスク無く脂肪溶解注射を受けるためのアレルギーチェックから、脂肪除去効果を高める準備まで、これを読めば脂肪溶解注射に対する不安が吹き飛びます!

脂肪溶解注射をする時の準備

脂肪溶解注射を行う前にやっておくべき準備には何があるのでしょうか?

準備には大きく分けて「リスク無く脂肪溶解注射を打つための準備」と「脂肪溶解注射による脂肪除去効果を高めるための準備」の2つがあります。
それぞれ見ていきましょう。

アレルギーチェック

クリニックで脂肪溶解注射を打つ前には簡単な問診と、どのようなアレルギーを持っているか確認するアレルギー反応テストを行うのが一般的です。

というのも、脂肪溶解注射で脂肪細胞に注入する薬剤には大豆由来の「レシチン」という成分が含まれているのですが、これにアレルギーを持つ方がいるのです。

特に大豆アレルギーを持つ方に打つと強いアレルギー反応を起こし、入院が必要になるケースもあります。

自分でキットを取り寄せて調べることもできますが、クリニックで実施しているアレルギーテストも精度に問題はありません。

アレルギーを見過ごして施術をすれば最悪裁判となり補償金を払う羽目になりますから、利益を上げるためにテストを誤魔化すことは考えにくいです。
クリニックにお任せして、アレルギーがあるようなら諦めるのが懸命です。

治療箇所を隠せる物を持っていく

脂肪溶解注射は身体への負担の軽い処置ですが、施術に用いる薬剤との相性によっては稀に肌に炎症が起きたり、腫れることがあります。

そんな時のために治療箇所を隠せる物を持っていきましょう。
顔を治療するのであればマスクなどが最適です。

仮に炎症が起きても短期間でおさまるケースがほとんどですから、数日後にはマスクに煩わされることもなくなります。

食生活の乱れがないか確認する

脂肪溶解注射を利用したダイエットは無理な運動をすることなく体から脂肪を減らせる画期的な肥満治療法ですが、それ単体で行うよりも適切な食生活と組み合わせることで効果を高めることが可能です。

脂肪溶解注射を打つと体内に留まっていた脂肪は破壊され老廃物に変化します。
これを体外に排出するには血管の働きが欠かせません。

老廃物は血管に送り込まれ、最終的には体外に排出されるのです。
つまり老廃物を送り出すのに十分な血流を生み出す柔軟性があり丈夫な血管が必要になります。

健康的な血管を維持するためには抗酸化作用の強い食材を摂取して、十分な睡眠をとるのが一番です。

脂肪溶解注射を打つとなったら、それに向けて食事を改善すると脂肪除去効果をより早く確かめられますよ。

適度な運動をどう取り入れるか考える

食事だけでなく適度な運動をすることで老廃物となった脂肪細胞を除去するのを促進することができます。

運動をすると血管が拡張し血流をアップさせることができます。
血流が高まれば、それだけ老廃物を押し流す力が増すことになりますから効率的に脂肪細胞の後始末を進められます。

また血流の改善は治療箇所の修復にもポジティブな効果を及ぼしますから、肌を美しく修復するのには欠かせません。

しかし、やり過ぎる必要はありません。軽く体が火照るレベルの運動で十分です。
定番のウォーキングなどが最適でしょう。

無料カウンセリングでクリニックを見極める

施術とは直接関係ありませんがクリニックの質を見極めるのも大切です。
最近の流行りを受けて脂肪溶解注射を始めるクリニックが増えてきました。

しかし、設備投資もほとんどかからず手軽に始められて利用者の興味も高いので、十分な知識もなく脂肪溶解注射を始めるクリニックが少なくありません。

知識の備えたクリニックで施術を行えばほとんど問題のない脂肪溶解注射ですが、未熟なスタッフしかしいないクリニックで行うと炎症や腫れといった副作用に悩まされるケースもあります。

そこで治療を始める前のカウンセリングでクリニックの良し悪しを判断しましょう。
確認するポイントは注入する成分とそのリスクについて納得行く説明ができるか否かです。

また、副作用が発生した時の対処法について知っているかも重要です。
曖昧な答えに終始して、早く契約させようという意思が見えたら、そのクリニックは止めておきましょう。

まとめ

脂肪溶解注射の準備はいずれも簡単なものです、やらなくても特別問題無いものもありますがアレルギーチェックだけは間違いなく済ませてください。
大変稀なことですが場合によっては重篤な状態に陥るケースもあります。

そしてクリニック選びも重要です。
いつから脂肪溶解注射を始めたのかインターネットなどで確認して、始めて間もないクリニックは避けるのが懸命です。

準備を十分にやれば、それだけ満足いく結果が得られるますから、時間がかかってもいいので準備で手を抜かないようにしましょう。