脂肪溶解注射(メソセラピー)-地域別

鹿児島で脂肪溶解注射(顔、二の腕、お腹)を扱っている美容外科クリニック

アイプチなどのプチ整形が一般的になり、小顔のための脂肪溶解注射もそれほど珍しい物ではなくなっています。注射で気軽に顔のたるみやエラなどを取れるのは大きな魅力で、日帰りで受けられることから費用も安くなっています。

ただし、脂肪溶解注射にも種類があり、一回の効果が高い変りに副作用が強くでやすいもの、副作用がほとんどない変りに複数回利用しないと効果が実感しにくいものに分かれます。

脂肪溶解だから何でも良いわけでは無く内容をしっかりと確認する必要があるのです。
手軽さから人気が高くなっているのがBNLSで、特に副作用の少なさが魅力です。

また、鹿児島の美容外科クリニック、鹿児島でうけられる脂肪溶解注射について紹介していきます。

鹿児島のおすすめ脂肪溶解注射(BNLS)クリニック

湘南美容クリニック
湘南美容クリニック
種類 本数 料金
MITI 1本(5cc) 21,800円(税込)
BNLS 1本(1cc) 2,980円
BNLS neo 1本(1cc) 3,780円(税込)
▼鹿児島院

     

住所 鹿児島県鹿児島市中町5番26号 カリーノ天文館 5階
アクセス
            

  • 鹿児島市電 いづろ通駅 徒歩2分
  •         

営業時間 AM9:00~PM6:00 予約制
定休日 月曜・木曜
予約 >>公式サイトはこちら<<

詳細ページ公式ページ

脂肪溶解注射(BNLS)の特徴

脂肪溶解注射のなかでも副作用が少なく、ダウンタイムが短いのがBNSLです。顔痩せのために作られた専用の脂肪溶解注射で海外でも良く使われています。

従来の顔用の脂肪溶解注射は一回の注射でも劇的な効果が期待できる半面、顔が腫れやすいというデメリットがありました。顔の腫れは女性にとっては大きな恐怖になるため、一回の効果はそれほど強くなくても副作用が少ないBNSLが人気になってきたのです。

広い範囲で顔痩せを目指す場合は注射の本数を増やせばよいなど手軽に使えるのがポイントで、複数回打つことで安定した顔痩せを目指すことができます。

2~3回で効果が出る人もいるだけでなく、リバウンドの恐れが小さいにも魅力になっています。

脂肪溶解注射(BNLS)のメリット

  • 副作用の恐れが少ない
  • ダウンタイムが短い
  • リバウンドの恐れが少ない
  • 日帰りで顔痩せを目指せる
  • 注射一本当たりの価格は安め

脂肪溶解注射(BNLS)のデメリット

  • ある程度回数を打たないと効果がわかりにくい
  • 広い範囲の施術は費用がプラスになる
  • まれに内出血などのトラブルがある

まとめ

脂肪溶解注射は複数の種類があり、種類でイメージが大きく変わります。副作用を抑えて手軽に施術を受けることができるBNLSは特に人気になっていて、顔が腫れる心配が少ないことからプチ整形初心者でもチャレンジしやすいのが魅力です。

メリットはあるものの複数回施術した方が効果がわかりやすくなるため、日帰り1回の施術では無く複数回受ける前提で予定を組むのがおすすめになります。

クリニックに事前に相談するとトラブルが少なく、予算のずれなども防ぎやすくなります。