脂肪溶解注射ができるクリニック

もとび美容外科クリニックの脂肪溶解注射(まぶた・太もも・鼻)への口コミ・効果・料金について

脂肪溶解注射は1950年代にフランスで開発された医療技術です。部分的な脂肪を薬剤を注射することで溶解、体外に排出してスリム化させます。

短時間で施術は終わりダウンタイムもほぼないことから気軽に受けられる施術として人気の美容法です。

もとび美容外科クリニックの脂肪溶解注射の特徴

もとび美容外科では、脂肪溶解注射としてMITI が採用されています。ダウンタイムは3日程度。

薬剤としてはBNLSが有効とされていますが、BNLSが効かなかったという方も、MITI のほうがデオキシコール酸やスファチジルコリンという有効成分が多く含有されているため、試してみる価値ありです。

ただ、MITIの方が若干腫れやすいとされます。
とはいえ、ダウンタイムと効果のバランスを考えると非常に優れた脂肪溶解注射と言えます。

もとび美容外科クリニックの脂肪溶解注射がおすすめの人

  • ラクに脂肪を落としたい
  • 手術には抵抗がある
  • 部分やせを希望している
  • ダウンタイムは短くあってほしい
  • 肌にハリもほしい
  • 周りに気付かれないうちにキレイになりたい

脂肪溶解注射(まぶた・太もも・鼻)の口コミ・効果

もとび美容外科クリニックの脂肪溶解注射(まぶた・太もも・鼻)の料金

もとび美容外科クリニックの脂肪溶解注射(まぶた・太もも・鼻)でよくある質問

何回くらいの施術を受けたら効果が実感できますか
1度目の施術でももちろん効果は出ますが、もししっかりと実感できるような痩身効果を求めるのであれば、3回以上施術することをおすすめします。
施術後すぐに、職場に行ってもまわりの人に気付かれないでしょうか?
ほんのすこしですが腫れが出ます。どうしても気になるならば、休日の前の日に施術するのが確実です。
注射時の痛みはどのくらい?
麻酔を含んだ薬剤を使用しますが、どうしても気になるという方のためには鈍針や笑気ガス麻酔を用意しています。
他の脂肪溶解注射と違うところを教えてください
一般的な輪郭注射と比較して、脂肪を溶かす成分が多く含まれています。より効果が望めます。
1度にどの程度の量の薬剤を注入できますか?
手のひらサイズの部分にに対し、1バイアルを目安として注入量します。また、一度に注入可能な最大施術量は10バイアルまでです。