脂肪溶解注射(メソセラピー)-地域別

立川で脂肪溶解注射(顔、二の腕、お腹)を扱っている美容外科クリニック

脂肪溶解注射には様々な種類があり、体の部位などによって使い分けがされています。メリットとデメリットがそれぞれわかれるのもポイントになっていて、美容関連の施設であってもそれぞれ得意分野や施術範囲に違いがあるのです。

美容整形外科など病院によって施術の価格も大きく変わるため、自分がどのような施術を受けたいのか、価格がどの程度かかるかはしっかりとチェックしたい部分になります。

また、近年はプチ整形が一般的になっていて、日帰りで小顔を目指せるようになっています。

美容分野では脂肪溶解注射でプチ整形を行う事も珍しくなくなっているため知識として知っておくとプラスになります。

そこで、二子玉川の美容外科クリニック、二子玉川でうけられる脂肪溶解注射について紹介していきます。

立川のおすすめ脂肪溶解注射(BNLS)クリニック

湘南美容クリニック
湘南美容クリニック
種類 本数 料金
MITI 1本(5cc) 21,800円(税込)
BNLS 1本(1cc) 2,980円
BNLS neo 1本(1cc) 3,780円(税込)
▼立川院

     

住所 東京都立川市曙町2-13-1 TK 立川 ビル9F
アクセス
            

  • JR立川駅北口 徒歩2分
  •         

  • 多摩都市モノレール 立川北駅南口 徒歩3分
  •         

営業時間 AM10:00~PM7:00 予約制
※診察日についてはお問い合わせください。
定休日 年中無休
予約 >>公式サイトはこちら<<

詳細ページ公式ページ

脂肪溶解注射(BNLS)の特徴

脂肪溶解注射は太ももやお腹といった部位に使われるもの以外にも、顔に使えるものが多数存在します。BNSLは顔用に脂肪溶解注射の一つで、下膨れなどが気になる場合に使われます。

痛みが少なく腫れにくいのが特徴で、日帰りができるプチ整形などに使われています。リバウンドしにくいことも魅力で、顔痩せしたと思ったらすぐに戻ってしまったというトラブルを防ぐことができます。

ただし、一回の施術では効果がわかりにくいことが多く、複数回注射をすることで初めて大きな違いがわかることが一般的です。

肌の引き締め効果などもあるため使いやすく、本格的な整形を避けたい人に人気になっています。

脂肪溶解注射(BNLS)のメリット

  • 顔が腫れるなど副作用の恐れが少ない
  • リバウンドしにくい
  • 顔やせに使いやすい
  • 肌の引き締め作用がある

脂肪溶解注射(BNLS)のデメリット

  • 一回では効果を実感しづらい
  • まれに内出血を起こすことがある
  • 施術当日の激しい運動は避ける必要がある

まとめ

脂肪溶解注射は身近な物になり、日帰りでプチ整形に利用する事も可能になっています。ただし、副作用などの恐れがない分一回では目に見える変化が無いことが一般的で、数回打って効果を感じられることが多いのがポイントです。

一回の注射で小顔になるというわけではなく、溶かした脂肪が体の外に排出されるまでの時間も考慮する必用があります。

腫れなどが少ないため仕事帰りなどでも受けることができますが、当日中のマッサージや激しい運動などは避ける必要あるため医師の指示に従う必要があります。